よくある質問

  1. 掘削技術者について
    1. 収入はどれくらいを見込めますか?
    2. 長く働ける仕事ですか?キャリアアップできますか?
    3. 社会貢献できる仕事ですか?
    4. どのようなエリアで就職できますか?
    5. 海外で働くことはできますか?
    6. 掘削技術者は大変な仕事ですか?苦労した話を教えて下さい。
    7. 体力が必要な仕事ですか?
    8. 女性でも掘削技術者になれますか?
    9. 就職支援はしてもらえますか?
  2. 学校について
    1. 高等教育の無償化対象校ですか?
    2. 北海道外から受験することは可能ですか?
    3. 就学年数は何年間ですか?
    4. インターンはありますか?
    5. 部活はありますか?
    6. 受け入れ人数は何人ですか?
    7. 普通高校の出身でも入学できますか?
    8. 高卒資格認定でも入学できますか?
    9. 外国籍でも入学できますか?
    10. 社会人でも入学できますか?
    11. 服装の指定はありますか?
    12. アルバイトは可能ですか?
    13. イベントやレクリエーションはありますか?
    14. 自動車・バイク・自転車の駐車は可能ですか?
    15. 自然災害などの危機管理体制はどのようになっていますか?
  3. 授業について
    1. 講師はどのような方ですか?
    2. 大きな機械を扱いますか?
    3. 危険な状況への対策はどのようにしていますか?
    4. 自習のために学校のコンピュータを借りることはできますか?
    5. 授業時間と曜日、長期休暇の有無を教えて下さい。
  4. 寮について
    1. 学校と寮は近いですか?
    2. 寮にはどのような備品がありますか?何を持ち込んだら良いですか?
    3. WiFiはありますか?
    4. 寮に常駐スタッフはいますか?
    5. 寮は何人部屋ですか?
    6. 食事はどうしたらいいですか?
    7. お風呂はありますか?
    8. 休日はどのように過ごしますか?
    9. 買い出しはどうしたら良いですか?
    10. 入学時など車で送迎してもらえますか?
    11. 門限はありますか?
  5. 学費について
    1. 卒業までに費用はいくらくらいかかりますか?
    2. 奨学金を借りることはできますか?
    3. 学校独自の奨学金制度はありますか?
  6. 募集要項について
    1. いつから応募できますか?
    2. 入試はどのような内容ですか?
    3. 出願したいですが、コースを決められません。

掘削技術者について

収入はどれくらいを見込めますか?

就職先や職種によりますが、卒業直後(19歳)は年収おおよそ350万円からスタートします。掘削技術者の業界平均年収は650万円です。

長く働ける仕事ですか?キャリアアップできますか?

はい、長く働ける仕事です。

地下資源開発は長期間継続的に続き、地下の調査は人が地球上で暮らしている以上、無くなることはありません。

掘削技術者の仕事としては、掘削を行う仕事、現場を管理する仕事、掘削の計画を立てる仕事、掘った坑井を管理する仕事など幅広くあります。

キャリアアップの例としては、現場で掘削を行う仕事から始めて掘削会社の社長になった例があります。

社会貢献できる仕事ですか?

はい、社会貢献できる仕事です。掘削には様々な目的があります。下記は日本における掘削目的の例です。

  • 地熱発電
  • 温泉開発
  • 地質調査
  • 学術調査
  • 地震観測
  • 地下水開発

どのようなエリアで就職できますか?

業務内容にもよりますが日本全国で就職が可能です。新しく掘削をする仕事であれば様々な土地で働くことができます。掘削された坑井を管理する仕事であれば同じ土地にとどまって働けます。

海外で働くことはできますか?

はい、可能です。海外でも掘削技術は必要とされています。

掘削技術者は大変な仕事ですか?苦労した話を教えて下さい。

はい、大変な部分もあります。

例えば、現場で掘削の機械を動かし始めたら止めることはできません。3交代制で24時間仕事をします。

また、周囲に何もない場所で働くこともあります。そういう場合は、お腹が空いたのでちょっとコンビニに行く、ということも難しいです。

体力が必要な仕事ですか?

いいえ、仕事をするにあたり最低限の体力は求められますが、筋肉質である必要はありません。

掘削技術者の主な仕事は【機械を操作すること】【必要な知識を有し、掘削の計画を立て、また分析すること】です。

女性でも掘削技術者になれますか?

可能です。現状日本国内には女性の掘削技術者はいませんが、アメリカでは女性も掘削技術者として働いています。

就職支援はしてもらえますか?

はい、就職支援は可能です。

学校にインターンシップや求人が集まりますので随時ご紹介いたします。不明点があれば学校にお問い合わせ下さい。

学校について

高等教育の無償化対象校ですか?

いいえ、対象校ではありません。

今後対象校となることを目指しています。

北海道外から受験することは可能ですか?

可能です。寮を併設しており希望者は入寮できます。

就学年数は何年間ですか?

就学年数は1年間です。

インターンはありますか?

はい、インターンに参加することができます。インターンは秋ごろを予定しております。

部活はありますか?

いいえ、部活動やサークルはありません。

受け入れ人数は何人ですか?

コースに関しては、ロータリー掘削コースとスピンドル掘削コースが各30名、掘削技術者養成コースが20名です。

外国籍の方と社会人の方の受け入れ人数は全体の10~15%を予定しております。

普通高校の出身でも入学できますか?

はい、可能です。

高卒資格認定でも入学できますか?

はい、年齢が18歳以上であれば可能です。

外国籍でも入学できますか?

はい、可能です。

社会人でも入学できますか?

はい、可能です。

服装の指定はありますか?

基本的には自由です。授業中は帽子を脱ぐ、サングラスは外すなど、マナーは守って下さい。

一部の授業では作業服やヘルメット、安全靴の着用が求められます。

アルバイトは可能ですか?

はい、アルバイトは可能です。

学校から町まで距離がありますので実際に働く環境には限りがある点はご了承下さい。

イベントやレクリエーションはありますか?

いいえ、イベントやレクリエーションは予定しておりません。

自動車・バイク・自転車の駐車は可能ですか?

はい、可能です。

自然災害などの危機管理体制はどのようになっていますか?

地震発生については、周囲に高い建物がないため、基本的に屋外避難を想定しています。付随的に発生する津波については、裏手が丘陵地帯となっており、「たんちょう釧路空港」へと続く車道がありますので安全標高までの徒歩避難を想定しています。

「地震と、それによる火災発生、及び付随して起こる津波」を想定した避難訓練を年1回実施する予定です。

授業について

講師はどのような方ですか?

経験を積んだ掘削技術者が授業の講師を務めます。

また、オンライン授業を積極的に取り入れて全国の掘削技術者にも講師をご担当頂く予定です。

大きな機械を扱いますか?

はい、扱います。実際に掘削現場で扱う機材で授業を行います。この機材は日本各地の掘削企業からご提供頂いたものです。

危険な状況への対策はどのようにしていますか?

危険体感訓練機器の導入を予定しております。この機器は「危険な状況」をシミュレーションし体験することが可能です。

自習のために学校のコンピュータを借りることはできますか?

はい、可能です。学校のコンピュータをご利用の際には指定された時間内でご利用下さい。

授業時間と曜日、長期休暇の有無を教えて下さい。

授業は毎週月曜日から金曜日の08:40~15:20です。お昼休みは12:30~13:30です。

  • 1限目:08:40~09:30
  • 2限目:09:40~10:30
  • 3限目:10:40~11:30
  • 4限目:11:40~12:30
  • 5限目:13:30~14:20
  • 6限目:14:30~15:20

長期休暇は夏休みと冬休みがあります。夏休みにインターンシップを予定しています。

寮について

学校と寮は近いですか?

はい、同じ敷地内にあります。

寮にはどのような備品がありますか?何を持ち込んだら良いですか?

各部屋の備品は下記の通りです。

  • ベッド
  • テーブル
  • 椅子
  • ハンガーラック
  • ベッド下用収納
  • 冷暖房

共用の備品・設備は下記の通りです。

  • ミニキッチン
  • 電気湯沸かし器
  • 冷蔵庫
  • 電子レンジ
  • トイレ
  • シャワー

下記は各自必要に応じてご用意下さい。

  • 衣類
  • ノートやペンなど文具
  • 生活用品
  • 炊飯器
  • テレビやパソコンなど

WiFiはありますか?

はい、寮内でWiFiの利用が可能です。

寮に常駐スタッフはいますか?

はい、います。

寮は何人部屋ですか?

1~2人です。入学人数によります。

食事はどうしたらいいですか?

平日の朝晩と休校日は食堂でお召し上がり頂けます。平日の昼は希望者に宅配弁当を注文可能です。寮内および学内には食料品と飲料品の自動販売機も設置されています。また、寮にはミニキッチンがあるので自炊も可能です。

お風呂はありますか?

はい、あります。ユニットバスが2室、シャワールームが4室あります。譲り合ってご利用下さい。

休日はどのように過ごしますか?

必要な課題を行う以外はご自由にお過ごし下さい。外出には個人所有の車や自転車をご利用下さい。

買い出しはどうしたら良いですか?

買い出しなどの外出には個人所有の車や自転車をご利用下さい。

宅配便は寮のスタッフが一時的に受け取って預かり、注文者にお渡しします。冷凍便など配慮が必要なものを届ける場合には事前に寮のスタッフにお伝え下さい。

入学時など車で送迎してもらえますか?

はい、可能です。学校用の車のご準備があります。入学時や長期休暇時などご利用下さい。

車の定員の関係上、利用日時を事前に申請・調整してご乗車頂きます。

門限はありますか?

はい、あります。

学費について

卒業までに費用はいくらくらいかかりますか?

学校にお支払い頂く費用は、寮と食堂を利用する場合【年間192万円】です。192万円の内訳は下記の通りです。

  • 入学金+授業料:120万円
  • 寮費(入寮する方):月3万円=1年間で36万円 ※2021年6月時点の概算、変更の可能性あり
  • 食堂利用費(食堂を利用する方):月3万円=1年間で36万円 ※2021年6月時点の概算、変更の可能性あり

入学金と授業料の詳細は「学費」ページをご参照下さい。

そのほか、下記をお見積り下さい。

  • 作業着、手袋、ヘルメット等備品の購入費用
  • 学校への移動費用
  • 学校への私物運搬費用
  • インターンシップ参加時の移動費用
  • インターンシップ参加時の宿泊費用
  • 休みの日の交際費や食費

奨学金を借りることはできますか?

学校からご紹介が可能な奨学金制度(貸与型)はありません。

学校独自の奨学金制度はありますか?

はい、あります。具体的には、入試結果の上位者X名は入学金をX割引きにいたします。

募集要項について

いつから応募できますか?

2022年4月入学の場合、2021年10月から応募が可能です。詳しくは「入試日程」ページをご参照下さい。

入試はどのような内容ですか?

入試は、作文、Web試験、Web面接、を実施いたします。Web試験では基本的な理数の知識を確認いたします。詳しくは「募集要項」ページをご参照下さい。

出願したいですが、コースを決められません。

ご希望のコースを定められない場合は複数コースをご選択下さい。応募内容を確認の上、Web面接時に相談することが可能です。

タイトルとURLをコピーしました